2017.06.08

祈りの力 32

人の前に態度がいいかげんでも、神の前に正直な人、素直な人っているんですね。神があなたを赦す、といわれたら、そうですかありがとうございます、とそのとおり、すぐうけとるわけです。「えー、本当にかみさま、赦してくださるの、そんなに簡単じゃないでしょ、」とか、逆にひねくれて、素直じゃない
正直でない人も、いるわけです。その後者の場合、自分の祈りが心からなのか点検しなくてはならなくなります。

|

2017.06.07

祈りの力 31

クリスチャンになってから、今まで、何人もの方々に出会って、きました。おそらく何百何千という方々に知り合ってきたと思います。あっただけなら、何万かもしれませんが、ある程度知り合った方々はそれほどではないでしょう。その方々を、みていて気づかされたことがあります。なんで、このようにいいかげんな態度の方が神に特別祝福されているのだろうというそういう方々が、何人もいたのです。

でも、後にわかったことはそういう方々にかぎって、神に対して正直であるということが、わかってきました。(つづく)

| | TrackBack (0)

祈りの力 30

聖書の中に、偽りの証言をしてはならない。とあります。嘘を言っていけないわけです。
ですから、祈りにおいても神は嘘が好きではありません。心の中の真実を、いうことを神は望んでいます。

たとえば、仕事が与えられるように祈っても、仕事にでたくないという強い思いがあればその祈りはきかれにくくなるわけです。仕事にでたいという思いをも、を与えてください。とか、仕事が楽しめるようにして下さい。などのような祈りが先に必要な祈りであり、そして、一緒に仕事が与えられるように祈れば
それは本当に心から祈れるようになります。そして、その祈りは、必ず聞かれていくのです。

| | TrackBack (0)

2017.06.06

祈りの力 29

心からの願いがあるかどうかは、よく心の中をみてみないとわかりません。自分の心をさぐってみる必要があります。たとえば病気になっていやしを求めても、実は病院生活の楽さが気に入っていて、一方でそのままでいたいと思っている心があるとその祈りがきかれません。その場合まず、治りたいという願いがつよく与えられるように祈る必要が出てきます。

自分の心をみるためにはどうしたらいいでしょう。聖書は、心の鏡です。聖書のことばで自分の内側にある思いに、きづかされることがよくあります。

| | TrackBack (0)

2017.06.05

祈りの力 28

特に、それを祈ったわけではありませんが、そのような願いが心にあったのです。彼女が大人になった時、それが実現して、ルーマニアに行くことになったのです。もちろん、体操やコマネチをみるためではありませんでしたが、共産圏だったルーマニアが自由な国になって、孤児院の働きを助ける為に最善の形でその国にいけたということはすばらしいことでした。

心から願いがあるということは、ですから大事なのです。その願いが心にあるなら、祈りは本当に、きかれるのです。でもその願いが心にない時には、祈りが聞かれるようにその心を神にまず求めなくてはなりません。

| | TrackBack (0)

2017.06.04

祈りの力 27

祈りの力26までの内容をまとめてみますと、
1)とにかく祈ってみる。1、3
2)形だけでも、祈る為の時間をとる。1、3
3)教会にいって祈れる人の祈りを真似てみる。2
4)教会にいって、祈ってもらう。4
5)具体的に祈ってみる。5~12
6)イエスキリストを信じる祈り。 13、14
7)祈りはコミュニケーション 15~18
9)教会にいく 19,20
10)聞く祈り、そして祈りの答え 21~24
11)心からの祈りと願い 25,26

11)の続きですが、やはり無理せずに心から祈り願っている祈りはきかれます。ラジオのことは自然にそうなるといいなという願いが祈りになったものでした。ですから、きっとこの後もいろんなラジオ宣教の奇蹟が起きていくのではという思いがあります。
妻が、以前体操をしていたのですが、コマネチのファンでした。10点をたくさんだしたパーフェクトな金メダリストで、ルーマニアの選手でした。彼女は、それでルーマニアにいきたいと思ったのでした。(続く)

| | TrackBack (0)

2017.06.03

祈りの力 26

最近、聞かれた祈りは、糖尿病のいやしの祈りがきかれていやされた方がおこされました。肝臓の病の方が、数値がよくなった方が起こされました。

本当に、祈りはきかれます。昔、わたしは、クリスチャンによるキリスト教ラジオ放送をきいて、教会に行き始めました。それで、救われてから、ラジオでの宣教をなせるように祈ったことがありました。そしたら、何年か前に、akashiyaというゴスペルグループを組んでいたのですがラジオで、そのコンサートの宣伝を何日間かしていただけることになりました。いのりは覚えられているのです。

| | TrackBack (0)

2017.06.02

祈りの力 25

心から、祈るという事が必要です。でも私たちは、心から祈れない事がたくさんあります。そういう時、「心から、祈れるようにしてください。そういう心をも、与えてください。」と祈る事が必要です。

やはり、祈りというのはことば以上に、心です。こころが伴っていない祈りは、きかれないとは言いませんが、きかれにくいのは確かです

| | TrackBack (0)

2017.06.01

祈りの力 24

たとえば、最近、ヨハネ出西牧師がいやされました。白血病か、膠原病の疑いだったそうです。たいへんなはずでした。いやしは、豊かに起こるのです。しかし、お医者さんは、人間の自然治癒力が働いて治ったといってらっしゃるそうです。明らかに超自然的な力が働いて、不思議にいやされても、祈りの答でいやされても、ある方にはそのようにみえないということです。ですから、私たちも、気づかないで祈りの答を見ている事はありうるのです。柏教会においても、糖尿病の数値の方が、数値が二分の一に下がって、いやされました。報告を、最近ききましたが、やはりお医者さんは、びっくりしていたそうです。でも、いやされた人ははっきりとわかっていて、感謝をしていました。そして、いやしの祈りが答えられたことを喜んでおられました。

| | TrackBack (0)

2017.05.31

祈りの力 23

アメリカの宇宙飛行士だったチャールズデュ-クさんというクリスチャンの方がいます。その奥様が、ご夫妻で日本に来て私たちの教会で、お話してくださいました。彼女が最初、信じたとき、お祈りをして、答えられたそうです。1回目は、偶然かと疑ったけど、そのあと何度も答えられて、やはり偶然ではない。偶然がこんなにかさなるはずはないという結論にたっしたそうです。神が祈りにこたえてくださっていることにきずく事が重要でっす。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧