« 全世界へ | Main | 天のしるし »

2019.08.05

神の愛を実感すること

エペソ3:17-19 また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知をはるかに超えたキリストの愛を知ることができますように。
 先日、白馬キャンプ(クリスチャンキャンプ)にいかせていただきました。長野県の白馬村。本当に自然の美しい地域で山々が、まだ、夏になっても雪が残っていたりして、風景は、非常に美しく感動します。川も、湖も、木々も、碧碧していて、とてもきれいです。絵を描く芸術科の大学生たちを、以前、この地域のキャンプに連れて行ったことがありました。そのうちの1人の方は絵を描くための授業の一環でこの地を訪れたことが、既にあったと言うことでした。ということは、芸術科の学生たちが絵を描くための合宿の場所に選ばれるほど、白馬の地域は、有名で、美しい場所なのです。絵を描くためには、やはりその人が「本当に美しい」と感動したものを描くと言う事が、とても大事だそうです。だから、写真を見て描くこともできますが、その場に行って、感動して描くほうがよりいい絵が描けるというわけです。そして、さらに、白馬キャンプに最近、行った時に、以前、絵を売るお仕事をしていた、牧師さんのお話を聞く機会が与えられました。そうしたら、やはり同様のことをおっしゃられていました。絵を売るためには、その絵に自分が感動していないと売れないんだそうです。「いくら有名な人の絵画でも、自分がとてもいい絵だと思ってないと売れないんですよ」と言っておられました。当然かもしれません。自然が美しいと思う心、絵がいい絵だと感動する心がなければ、描けないし、また売れないと言うことです。
 それと、とても似ているんですが、神が私たちを愛してくださっていると言うことを実感できると言う事、あるいは言い換えれば、神が私たちを誰よりも愛してくださっていると言うことを、本当に心から、信じられると言う事は、素晴らしいことだと思います。「神が私を誰よりも特別に愛してくださっている」と感動していること、あるいは実感していること、これがクリスチャンに、神の奇跡と愛が現される秘訣だと思います。「神が私を誰よりも愛しておられ、最高の祝福を与えようとしておられる。それを実感することの重要性」これが、今、語られている重要なメッセージです。これは祈り聞き従いや、感謝と賛美のメッセージ同様、ものすごく多くの、大きな祝福をもたらす重要なメッセージではないかと感じています。「神が誰よりも私を愛してくださっている」と私たちが信じると、それは本当にそのように事実なので、誰よりもその人が愛されているような神の愛の現れが、現されていきます。いくら自然が綺麗でも、絵の描き手にきれいだと言う実感と感動がなかったら、美しい絵が描けないように、いくら神が私たちを深く愛していると頭でわかっていても、それが事実であっても、私たちが、心で感動して実感していなかったら、その神の御愛が現されることもとどまりがちであると言うことです。
 私は愛されているんだなと実感すればするほど、ますます神の愛はその人とそのまわりの方々の上に、広く、高く、深く、現されていくのです。

 

|

« 全世界へ | Main | 天のしるし »