« 祈りの力86 | Main | 祈りの力88 »

2019.04.02

祈りの力87

 このヨーロッパ宣教について、私の知っているところでお話ししたいと思います。

 私は、特にアジアの国に、重荷があって、別の団体で活動していた頃、「『9万人の教会になる』という預言が与えられている教会がある。」という話を聞きました。当時、学生で、まだ、福音派の教会に通っていましたが、カリスマの教会に興味を持っていた私は、その教会に一度行ってみたいと思うようになりました。そして、機会が与えられて、行きましたら、夜の祈祷会に、20人ぐらいの方々が集まって祈っていました。そして、預言の賜物を用いて、お祈りの時を持っていたのでした。預言をとうして、いろんなことが語られていました。それが最初で、「賜物の働きにおいて、進んでいる教会だな。」というのが、私の印象でした。これが、当時のTLEA東京アンテオケ教会(旧名 国分寺クリスチャンセンター)でした。何回かその教会の集会に出席している間に、教会の方々のお話を聞いていくと、ポーランドに宣教の重荷のある方がいる、というお話を聞くようになりました。

|

« 祈りの力86 | Main | 祈りの力88 »